代表取締役 高橋史明 代表取締役 高橋史明

COMPANYMESSAGE - 役員メッセージ

仕事に対してこだわりと責任を持つ
それが成長への近道

PROFILE

代表取締役社長

高橋 史明

大学卒業後、システム開発会社にてオープン系システム開発を中心に従事。 その後、フリーのエンジニアとして金融系システム開発プロジェクトに参画し、数々のソリューションを展開。 エンドユーザー向けサービスの立ち上げを機に法人組織化を決意。 2007 年 3 月に株式会社ライズウィルを設立、代表取締役就任。現在に至る。

株式会社ライズウィル代表の高橋です。
2007 年の会社設立以来、私が一貫して社員に伝えてきたことがあります。

それは、仕事に対して情熱を持つこと、そしてお客様に対してプラスαの精神を忘れないこと、この二点です。

仕事に対して「情熱」を持つこと

今まで、情熱を持って仕事をしたことがあるでしょうか。
私の考える「仕事に対する情熱」とは、
自分の仕事にこだわりを持つこと、
自分の仕事に責任を持つこと、
そして、自分の仕事にやりがいを感じること。

これらの「情熱」を持って仕事をすることで、お客様からの信頼を得ることができ、
そして、自分自身を成長させることにもつながるものだと思います。
最初は失敗することも多々あるかもしれません。
しかし、失敗を恐れて責任を負わないようなスタンスでは、今後の成長はあり得ません。
自分の与えられた仕事に対し、こだわりと責任を持ち、
将来の目標に向かって前進することによって充実した人生を送れるのではないでしょうか。

役員紹介_社長_画像1 役員紹介_社長_画像1

常にプラスαの精神を持て

仕事では、上司からの指示であったり、お客様からの依頼であったり、
それぞれの立場や仕事内容によって、対する相手が異なります。
ただ、誰に対しての仕事でも言えることは、「プラスαの精神を忘れない」スタンスを持つということです。
言われたことだけやるのではなく、何が求められているのか、何をすれば喜ばれるのかを常に意識し、
それを行動に移すことが重要です。
その精神は、お客様からの信頼獲得だけでなく、人間として大きく成長することにつながるのではないでしょうか。

役員紹介_社長_画像2 役員紹介_社長_画像2

求職者へのメッセージ

仕事に対して、情熱を持つことや、こだわりを持つことは大切なことです。
ただ、それだけではなく、自分の中で何かしらの 『志』=『目標』 を持って欲しいと思います。
周りから無理だと言われるような高い目標でも、それに向かって日々努力すること、そのプロセスが重要だと考えています。
失敗を恐れていては人は成長できません。
自分で設定したゴールに向かって、あきらめずに前に進んでいただきたいと思います。

また、仕事に対する目的は人それぞれですが、
人生における「仕事」の時間を少しでも楽しいと感じられる時間に変えていって欲しい、
そのワークライフバランスを巧くコントロールし、自身の成長と合わせて、人生を充実させて欲しいと考えています。

ライズウィルでは、社員一人一人が仕事に対して目的とやりがいを見いだし、自身の成長のために日々努力しています。
そしてそれが会社の成長にもつながり、ライズウィルに関わる人々すべてが幸せになれることを願っています。

役員一覧に戻る