私が仕事をする上で意識していること


245B9F7B-3DE3-4128-B964-15734FD690FC

お久しぶりです。いくみんです。

早いもので今年も残り1ヶ月あまりとなり、今年社会人になった方もだいぶ仕事に慣れてきた頃ではないでしょうか。
新しい職場で働くにあたっては、慣れるまでに時間がかかった方もいるかもしれませんが、今回は「私が就業先で意識していること」について、お話します。

私は、IT業界に入って5年目になりますが、基本的にはお客様先へ常駐して技術支援のお仕事をしています。
新しい就業先では、常にコミュニケーションを築いていくことが必要になりますが、そのときに気をつけていることが2点があります。

笑顔で応える

pixta_27467124_XL
私は人見知りの性格で、知らない方や付き合いの浅い方と話をしていると、ときどき凍りついたような表情になってしまうことがありました。

しかし、業務の都合上、それまで関わりのなかった方から直接質問を受けたりと、ときに対面でのコミュニケーションが必要になります。
なんとか改善したいと思って自分のこれまでの経験を振り返ってみたところ、自分から話しかけるよりも話しかけてもらった方がより自然体で接することができ、さらには自分が話しかける勇気を使う量も減りそうだ!という答えに辿り着きました。

そこで、話しかけてもらうためには、まずは自分自身が”話しかけやすい人” になろうと、そのために「笑顔で応対すること」を心がけるようにしました。
(これまでの経験からですが)話しかけたときに笑顔を向けてくれる人の方が何倍も話しかけやすいですよね。
続けていった結果、凍った顔を向けてしまっていたときより、笑顔で応対しているときの方が話しかけられる頻度は増えたように感じています。

小さな雑談をする

efd457757098e5b0d1023e42a50b1c78_s
笑顔で応対するようになり、話しかけて貰いやすくなりましたが、自分が話しかけるときはやはり勇気を出さないといけません。
この ”勇気を出さないといけない量” を少しでも減らしたいと思ったときに、普段からちょっとした会話だとしても話す頻度が増えれば、自ずと親近感が出て勇気の量も減るのではないか?と思いました。
そう思ってからは、コミュニケーションの一環として業務に支障のない程度に小さな雑談をするようにしました。

たとえば、打合せに参加して会議室から出てきた人が飲み物を持っていたら、「それ美味しいですよね~」など。本当にその程度です。
もしも相手が「誰?」という顔をしたら、「●●の打ち合わせに出ていた▲▲です」と答えるようにしていました。

「小さな雑談」を繰り返すうちに、それが自分から話しかける練習になり、関わりの薄い人にも親近感がわき、勇気の量も減っていきました。

こうして上記2点を意識し、自分自身の立ち振る舞い向上に務めてきたおかげで、結果的に自分のことを理解してもらえ、信頼も得ることができ、さまざまな業務を任せてもらえるようになっています。
また、携わっている業務にて難解な問題に直面し悩んでいたときは、これまでの人脈を活かして他プロジェクトの有識者の方を教えていただき、解決策を教えてもらえることができたこともありました。

任された仕事をこなすのは当然ではありますが、それだけでなく仕事がしやすい環境づくりのため、小さなことでも意識して実践し、コミュニケーションの下地づくりをしてみてはいかがでしょうか。







株式会社ライズウィル

株式会社ライズウィル

〒110-0016
東京都台東区台東1-27-11 やわらぎビル2F
TEL : 03-4590-3200
FAX : 03-4590-3201
E-Mail : info@risewill.co.jp
URL : https://www.risewill.co.jp

海上コンテナ輸送管理システム「海コン魂!」
海コン魂!
面接予約・スタッフ管理システム「WebWORKS.」
WebWORKS.