新人SEが3ヶ月の社内研修で学んだこと

gorimai

はじめまして、新入社員のゴリマイです。

私の地元周辺は田んぼや山が多く、THE・自然!というイメージが強い土地柄で育ってきたので、都会の慌しい毎日になじめるか心配していたところでしたが、入社して早4ヶ月。
気づけば、荒波に揉まれながらも社会人生活に慣れてきました。

今回は、私がライズウィルに入社してから変わったこと、気をつけ始めたこと、研修で行ってきたことなどについてご紹介したいと思います。

学生から社会人になって変わったこと

<生活リズム>
まず一つ目に、当たり前かもしれませんが、生活リズムがガラリと変わりました。
私は自宅から会社まで、片道2時間前後の通勤になるため、毎朝5時に起床します。
帰宅後は、翌日に備えて22時30分には就寝することを心がけ、とても早寝早起きになりました。

大学時代は、講義自体はたくさんあるものの週5日間の中でバランス良く授業をとっていたので、一日のタイムスケジュールにはそれなりに余裕があり、ここまで規則正しい生活をしている今の自分には少しびっくりしています。
特に大学4年生の1年間は、授業が数えるほどなので大学には少し顔を出す程度だったこともあり、自由に使える時間が多く、現在とのギャップがとても大きいです。
そう感じる新入社員の方も多いのではないでしょうか?^^;

<読書をはじめました>
通勤時間を利用して、本をたくさん読むようになりました。
社会人になり、時間を大切にするよう心掛けるようになったので、ただぼーっと電車に乗っているのも非常に時間がもったいないなと感じて、読書をはじめることにしました。
私は比較的読むスピードが遅い方なのですが、ライトノベルのように軽く読めてページ数も250ページと比較的薄いものであれば、1日1冊のペースで読了しています。
最近の週末はブックオフをよく利用するようになりました。
また、この機会に革のブックカバーを購入したのですが、いい感じに撓ってきて味わいが出てきたことも、なんだか嬉しいです。

少し話がずれてしまうのですが、この機会にわたしのおすすめ本をご紹介します。

鬼の跫音(あしおと) 著者:道尾秀介
book01
短編集なのですが、中でも私のお気に入りのお話は「悪意の顔」です。
サイコパスと呼ばれる登場人物が出てくるのですが、背筋がぞくっとします!
他のお話も概ね当てはまるのですが、読めない展開、まさかの結末に胸があつくなりました。

怪しい隣人 著者:小池 真理子
book02
こちらの本も短編集です。(乗り換えの多い通勤時間ではササっと読める短編集がとてもおすすめです。)
この本でのお気に入りのお話は「寺田家の花嫁」です。
結婚が必ずしも幸せをもたらすとは限らないという価値観を教えられた気がします。
結婚を迷っている方は読んでみてはいかがでしょう?

どちらの本も非常にお勧めですので、是非ご一読ください☆

3ヶ月の社内研修で学んできたこと

さて、ようやく本題に入ります。
今後、私はシステムエンジニアとしてお仕事をしていくわけで、この3ヶ月間の研修は「プログラミング言語」の勉強を主にやってきました。
研修では、プログラミングの概念から学び、以下の言語について触れました。

<プログラミングの概念>
 ・プログラム、アルゴリズム、プログラムの概念
 ・データ型、変数、データ構造、処理の流れ
 ・フローチャート、構成要素、演算の種類、基本的な論理構造(順次、分岐、繰り返し)
 ・規約(コーディング、命名、コメント記載など)
 ・ホワイトボックステスト、テストの意味、種類、仕様書(ケース)、エビデンス など
 ・インシデント管理、問題管理、構成管理、変更管理、リリース管理 など

<言語>
 ・VBA
 ・SQL
 ・PHP
 ・HTML
 ・JavaScript
 ・CSS

中でも主に時間と力をかけて取り組んだのは、「VBA」と「SQL」です。先輩社員に課題を作っていただき、それをひとつずつ取り組んでいきました。
大学時代、私は工学部に在籍し、コンピュータの基本的な概念については勉強していたため、プログラムの構造については多少知見がありました。
ですので、VBAに関してはすんなり処理の流れが理解できて、研修、課題を行えたと思います。

それとは反対に、データベースのSQLには大変苦戦をしてしまいました。
ほぼ知識のない状態で触れたため、なんとなく自分の中でも苦手意識がついてしまったようで、日を重ねるごとにあれ?これでいいんだっけ?と、理解するのに時間がかかりました。(今段階でも完全に理解できているか少し不安に思う部分もあるのですが)
1つの課題を終わらせるのに時間を多く費やしてしまって、自分って駄目だなぁと気分が落ち込む日もありましたが、「時間が掛かってもいいので、しっかり理解してください」という先輩社員の言葉に、焦る気持ちが和らぎました。

会社によっては4月から早速ガリガリとプログラムを書かせられるところもあると思います。ですが、私は3ヶ月もの研修期間をいただき、勉強させていただけて本当に感謝しております。

さいごに -今後の抱負-

まだまだ未熟な私ですが、研修で学んだことを活かしながら、お客様はもちろん、会社への恩返しの意も込めて、貢献していきたいと思っております。
1年後には私も後輩へ教える立場になります。後輩にとって「お手本」となるような社会人を目指して、日々精進してまいります。

また、社会人になって4ヶ月ちょっと経ちますが、休日の大切さも実感しました。私は生き物(特にゴリラ)が大好きなので、休日を利用して全国の動物園、水族館、博物館へたくさん訪れたいなと思っています。
ライズウィルの社員はメリハリをもって行動に移す方が多く、日々時間を有効に使うことの重要さも勉強になります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
また、私と同期の方々、長い長い社会人としての道のりは始まったばかりですが、一緒に頑張ってまいりましょう!

株式会社ライズウィル

株式会社ライズウィル

〒110-0016
東京都台東区台東1-27-11 やわらぎビル2F
TEL : 03-4590-3200
FAX : 03-4590-3201
E-Mail : info@risewill.co.jp
URL : https://www.risewill.co.jp

海上コンテナ輸送管理システム「海コン魂!」
海コン魂!
面接予約・スタッフ管理システム「WebWORKS.」
WebWORKS.