2021年下期全体総会&忘年会を行いました

こんにちは。経営戦略室の深堀です。

今年も残すところあと数日となりましたね。
当社では先日、半期に1度行っている全体総会を開催しました。
今回は約2年ぶりに全社員が同じ会場に集まり、実施することができました。

忘年会の模様と併せてご紹介できればと思います。

2021年下期全体総会

<第1部>
■総務・ISMSについて
■人事採用・教育
■経営戦略室から
■営業報告
■決算報告

<第2部>
■2022年のライズウィルVISION
■ライズウィル中長期計画について

会議は例年通り2部構成、アジェンダに沿って各テーマごとに説明がありました。
経営戦略室からのお話は「VUCA(ブーカ)時代を生き抜くために」というプレゼンテーションでした。

<VUCAとは> ・Volatility(変動制)
変化の量や質が大きくスピードも早い
・Uncertainty(不確実性)
これから起こる事柄が予測できない
・Complexity(複雑性)
数多くの要因が複雑に絡み合っている
・Ambiguity(曖昧性)
物事の原因や因果関係が不明瞭である

上の4つは時代の特性を表しており、社会やビジネスにとって未来の予測が難しくなる状況のことを意味します。
不確かな時代においてもこれらに通用するスキルを身に着けておくことが大切です。

<VUCA時代を生き抜くために> ■テクニカルスキル
職務を遂行する上で必要となる専門的な知識や業務遂行能力。また、職種を横断して必要となる基礎的なビジネススキル

■ヒューマンスキル
対人関係能力・人間理解能力は、立場の違いに関係なく、組織においてあらゆる階層の人間と円滑に仕事を進めるために必要なスキル

■コンセプチュアルスキル
知識や情報などを体系的に組み合わせ、複雑な事象を概念化することにより、物事の本質を見極める能力、本質を考える能力

3つ目の「コンセプチュアルスキル」について掘り下げ、どういった思考や能力なのかを学びました。

コンセプチュアルスキルに長けている人は
・ひとつの経験や出来事において、たくさんのことが吸収でき、対応する力がある
・業務を合理的に遂行し、効率的に働くことができる

などが挙げられます。
すぐにできるようになることではないですが、日頃から一つ一つの仕事において物事の本質を理解し、作業を遂行していくことの重要さを学べた気がします。

2年ぶりのライズウィル忘年会

総会後は場所を移動して、忘年会を行いました。

秋葉原オフィスの頃から長く懇意にさせていただいているお店「居酒屋 根」を貸切にさせていただき、開催しました。店内は若手メンバー達がやや苦戦しながらも風船で飾りつけを行い、とても華やかな雰囲気にしてくれました。

忘年会の中盤には、「RISEWILLクイズ大会」があり、RISEWILLの歴史や社員に関するクイズにチーム戦で挑みました。各チーム商品券をかけた熱い戦いとなり、一問一問に驚きや新たな発見もあって、大盛り上がりなひとときとなりました。(数日前から準備に携わってくれた幹事メンバーのみなさん、ありがとうございました!)

会社全体での忘年会は新型コロナウィルス流行の関係により、なんと2年ぶり!2021年入社メンバーにとっては、初の全社イベントでした。お店側のご配慮もあり、感染症対策などをきちんと行った上で無事に開催することができ、感謝です。

当社の年内最終営業日は12/28(火)までとなります。2021年も弊社をご愛好賜り、誠にありがとうございました。
良い年をお迎えください。
株式会社ライズウィル

株式会社ライズウィル

〒103-0013
東京都中央区日本橋人形町2-15-1
フジタ人形町ビル7F
TEL : 03-4590-3200
FAX : 03-4590-3201
E-Mail : info@risewill.co.jp
URL : https://www.risewill.co.jp