社員紹介-人・環境を知る

営業部

倉持 嵩(2015年度入社)

1現在の業務内容
営業部に所属し、SES営業を担当しています。
SES(システムエンジニアリングサービス)営業の仕事は、主にシステムやWebサービスのプロジェクトへ、特定の技術力を持ったエンジニアを調達・紹介することです。
お客様先での打ち合わせや、技術者の面談などで外出する機会も多くあります。
社内では、メールチェックや電話・来客応対、書類作成などを行いつつ、営業部の週次会議で適宜情報を共有しながら、日々営業活動を行っています。
2入社してから、自分が成長したと感じること
SES営業は、他社の営業の方との距離がとても近い仕事だと感じるので、コミュニケーション能力が問われます。
入社当初は、打ち合わせの際に他社の営業の方とお話しできる内容や話題が少なかったのですが、IT業界や営業について勉強したり、打ち合わせの回数を重ねていくうちに、円滑にコミュニケーションを図れるようになってきたと手応えを感じています。
3ライズウィルの印象
入社後は、OJT担当の先輩のすぐそばで、自社サービスの詳細、名刺交換やメール・電話応対の仕方など社会人としての基本的な作法から、営業としての打ち合わせでの話し方のポイント、自社説明の仕方、社内の業務など実践的なことを細かく丁寧に教えてもらいました。
入社前は、営業職は「常に外に出てお客様先を回る」というイメージを持っていましたが、研修や実務を通して外回りだけが営業職の仕事ではないことが分かり、今は一人前の営業マンを目指して勉強している毎日です。
また、私が勤務している本社は、皆一生懸命業務に取り組んでいるので緊張感がありますが、業務外では和やかな場面もある環境です。
ライズウィルには、異なる部署や作業場所で働く社員同士がコミュニケーションをとれるようにイベントが設けられているのですが、お酒が入り本音で話す場面などもあり、どんな時でも勉強させてもらっています。
各社員のイベントへの参加率も高いので、上司や先輩からの話を聞く機会が多く、自分を見つめ直すきっかけになったこともあります。
4ライズウィルに決めた理由
営業職で会社を探していましたが、初めはIT業界に特化して探していたわけではなく、幅広いジャンルで営業職を探していました。
そんな中で、学校の求人票でIT営業というワードに惹かれ説明会に参加し、自分の中で「IT業界で一から学び、成長していきたい」という気持ちになったのがきっかけです。
5学生時代にやっていたこと
学生時代は、自分の可能性や適性を知る為に、とにかく様々な職種のアルバイトに挑戦しました。
中でも、接客業を通じて「人と接する仕事の楽しさ」を学んだ経験が、営業職を目指したいという思いに繋がりました。
6目標
・SESの営業マンとして独り立ちすること。
・常に必要とされる人材になること。
7就職活動中の方へのメッセージ
とにかく沢山の会社の説明会に参加し、自分の目で見て確かめて、ここに入社したいと一番自分が感じた会社にエントリーをしてください。
そして、その会社のことをとことん調べましょう。
それから、今一度自分を見つめなおしてみましょう。
  • 新卒採用
  • 新卒の募集要項を見る
  • 新卒者向け:ライズウィル会社説明会にエントリーする
  • 中途採用
  • 中途採用:ITソリューション営業スタッフ職の募集要項を見る
  • 中途採用:ITソリューション営業スタッフ職にエントリーする