役員メッセージ–会社を知る

代表取締役社長高橋 史明

大学卒業後、システム開発会社にてオープン系システム開発を中心に従事。 その後、フリーのエンジニアとして金融系システム開発プロジェクトに参画し、数々のソリューションを展開。 エンドユーザー向けサービスの立ち上げを機に法人組織化を決意。2007年3月に株式会社ライズウィルを設立、代表取締役就任。現在に至る。

株式会社ライズウィル代表の高橋です。
2007年の会社設立以来、私が一貫して社員に伝えてきたことがあります。

それは、仕事に対して情熱を持つこと、そしてお客様に対してプラスαの精神を忘れないこと、この二点です。

仕事に対して「情熱」を持つこと

今まで、情熱を持って仕事をしたことがあるでしょうか。
私の考える「仕事に対する情熱」とは、
自分の仕事にこだわりを持つこと、
自分の仕事に責任を持つこと、
そして、自分の仕事にやりがいを感じること。

これらの「情熱」を持って仕事をすることで、お客様からの信頼を得ることができ、
そして、自分自身を成長させることにもつながるものだと思います。
最初は失敗することも多々あるかもしれません。
しかし、失敗を恐れて責任を負わないようなスタンスでは、今後の成長はあり得ません。
自分の与えられた仕事に対し、こだわりと責任を持ち、
将来の目標に向かって前進することによって充実した人生を送れるのではないでしょうか。

常にプラスαの精神を持て

仕事では、上司からの指示であったり、お客様からの依頼であったり、
それぞれの立場や仕事内容によって、対する相手が異なります。
ただ、誰に対しての仕事でも言えることは、「プラスαの精神を忘れない」スタンスを持つということです。
言われたことだけやるのではなく、何が求められているのか、何をすれば喜ばれるのかを常に意識し、
それを行動に移すことが重要です。
その精神は、お客様からの信頼獲得だけでなく、人間として大きく成長することにつながるのではないでしょうか。

求職者へのメッセージ

仕事に対して、情熱を持つことや、こだわりを持つことは大切なことです。
ただ、それだけではなく、自分の中で何かしらの 『志』=『目標』 を持って欲しいと思います。
周りから無理だと言われるような高い目標でも、それに向かって日々努力すること、そのプロセスが重要だと考えています。
失敗を恐れていては人は成長できません。
自分で設定したゴールに向かって、あきらめずに前に進んでいただきたいと思います。

また、仕事に対する目的は人それぞれですが、
人生における「仕事」の時間を少しでも楽しいと感じられる時間に変えていって欲しい、
そのワークライフバランスを巧くコントロールし、自身の成長と合わせて、人生を充実させて欲しいと考えています。

ライズウィルでは、社員一人一人が仕事に対して目的とやりがいを見いだし、自身の成長のために日々努力しています。
そしてそれが会社の成長にもつながり、ライズウィルに関わる人々すべてが幸せになれることを願っています。

取締役/総務関連統括神山 智紀

専門学校卒業後、システム開発会社で販売・収益管理システムや金融系システムの開発に従事。 更なるスキルアップと自ら経営に参画できる環境を求めて転職。その後、エンドユーザ向け金融系EUCシステムを手掛けつつ、会社経営としての基礎を習得。 2012年3月、株式会社ライズウィルとの合併をもって取締役就任。現在に至る。

こんにちは、株式会社ライズウィル・取締役/総務統括担当の神山です。
社内環境の重要性についてお話したいと思います。

社内環境にも時代の流れが反映される

世の中には多種多様なサービスが存在していますが、その中で、会社に求められる環境にはさほど変わりありません。

社員が生き生きと働き、生活していくために、福利厚生の充実、社員が成長するための教育、
納得できる評価制度や給与体系、そして社員同士が切磋琢磨して大きな歯車を回せる組織づくりが求められます。

当社も2007年に設立して以来、会社環境・会社組織が徐々に整備されてきました。
ただし、環境や組織は一度作り上げて終わりではありません。
IT業界は日々新しい技術が開発され、古く非効率なものは淘汰されていきますが、
これは会社環境・会社組織にも言える事です。

社員や会社の成長とともに、いま必要な、時代に合った形に変えていく必要があります。

社員一人一人が人生を楽しみながら各自の目標を達成でき、会社と共に成長し続ける事ができる、
そんな理想の環境を目指していきます。

ライズウィルの環境づくり

社員からの声や時代に合った施策を検討し、今以上に良い環境を構築することは簡単なことではありません。

教育制度の一環としての資格取得奨励制度や各種セミナー受講奨励制度。
今の時代に合ったサービスを提供する立場として、
新しいサービスの提供に向けたモバイル環境の導入を支援するスマートフォン手当。
そして、今後のグローバル社会を視野に、福利厚生として始めた無料の英会話レッスンなどを実施しています。
社員の成長のため、そして会社の成長につながる制度であれば、今後も積極的に導入を検討していきたいと思います。

情報セキュリティマネジメントの重要性

当社は、社内のセキュリティ対策をより強固なものにするため、社内整備を行いISMS認証を取得しました。
これは、当社が保有しているお客様の大切な情報を適切に管理し、機密を守っていくためのものです。
第三者機関にセキュリティマネジメントシステムを審査・認定を受けたことで、
お客様はより安心して当社サービスをご利用いただけることになりました。
取得した後も、将来のセキュリティ事故を未然に防ぐべく、これまで以上のシステムが求められます。
そのため、情報を取り扱う際のセキュリティ方針やそれに基づいた具体的な計画、
その実施から運用に至るまで、継続的な管理を行っていきます。

今後もより一層、社内外の信頼を確実なものにしていくため、会社の成長を支える基盤を構築していきたいと思います。

執行役員/採用担当小田 和幸

大学卒業後、地元のシステム会社に就職し、東京支社へ配属。金融系や電力系など様々なシステム開発に従事。 金融系プロジェクト参画中に代表の高橋と知り合い、ライズウィルに入社。システム開発と採用業務に従事、2016年4月に執行役員就任。現在に至る。

こんにちは。採用担当の小田です。
SEとしてシステム開発を行いながら、採用業務を担当しています。
会社として、また私自身がどういう想いで採用業務に携わり、選考を行なっているかを、
お話しさせていただこうと思います。

多様性が会社の成長を加速させる

システム開発に限らず、仕事というのは一人で出来るものではないので、一緒に働く仲間が重要です。
当社では、仲間をより深く知るために、社員旅行をはじめとした各種イベント、親睦会、
部活動(マラソンやフットサルなど)を開催・支援しています。
それらのイベントを通じて、普段の仕事っぷりからは想像できない社員の一面を発見することができ、
より円滑なコミュニケーションをとれるようになると考えています。

そして今年度から新たに「引っ越し準備金」を導入しました。
東京・地方といった枠にとらわれることなく、一緒に働く仲間を探したいと思っているからです。
これにより「新しい場所でチャレンジしたい」という地方在中の方の想いをサポートできるようになりました。
今後も視野を拡げた採用活動を続けて、企業理念にある「常に挑戦し続ける」という想いを持った方に
出会いたいと思います。

当社との出会いが人生の充実に繋がるように

仕事に費やす時間は人それぞれですが、大抵の場合、一日8時間。
多くの時間を費やす訳ですから、その仕事を充実させることが、人生の充実にも繋がると考えています。

まず仕事を充実させるためには、応募者の方と当社、お互いのことをより深く理解する必要があります。
そのため、面接を行う上で私が大切にしているのが「穏やかな雰囲気作り」です。
面接というのは緊張するもの。ですが、それではお互いが本音で話をすることが難しくなりますので、
リラックスして普段通りに話ができるように心がけています。

そして面接では、人生の充実に繋げるために、「これまでの経験・経歴」よりも時間を割いて
「これからのビジョン」をお聞きしています。
そこに向かって働くことができれば、より充実した人生に繋がるでしょう。
そう考えるとワクワクしてきませんか。面接では、是非あなたのビジョンを語ってください。

自分や会社のファンを増やしていく

「人」が「動く」と書いて、「働く」という字になります。
この「働く(はたらく)」には「傍の人を楽にする」という考え方もあるそうです。
要は、周りの人に楽をしてもらうため、喜んでもらうために、働くということです。
自分の仕事が相手を喜ばせ、感謝される。そして「また次もお願いね」と、自分のファンになってもらう。
これが自信となり、楽しく仕事ができるようになるのだと考えています。

ライズウィルには、そういう想いで働いていこうという社員がたくさんいて、
勉強会やサービス企画会では、より良いものを作ろうと熱い意見交換が繰り広げられています。
エンジニアとして技術を磨くことはもちろんですが、「相手のために」と、
とことんお客様目線で物事を考えたい人に向いている環境だと思います。
この想いに共感していただける方からのご応募をお待ちしております。