ホーム | 

ISMS基本方針

ISMS基本方針

ISMS基本方針

株式会社ライズウィル(以下、当社)にとって情報資産(情報および情報システム等)は、
システム開発業務、及びそれに付帯する当社のビジネス活動において最も重要な資産であり、
また、情報セキュリティ事故を未然に防止することは社会的な責務であると考えます。
当社は、情報セキュリティ上の脅威から情報資産を保護するために、情報資産を正確かつ安全に取り扱い、
経営戦略に沿った情報セキュリティを実現するとともに、お客様の信頼に応えていくよう努めます。

1.目的

当社は、以下の目的を設定し、この目的を達成するための諸施策を確実に実施します。

  • ・お客様との契約及び法的または規制要求事項を尊重し遵守します。
  • ・情報セキュリティ事故を未然に防止します。
  • ・情報セキュリティ上の脅威から情報資産を保護します。

2.適用範囲

当社は、取り扱う情報資産及び情報資産を保護するための設備、ならびに当社に在籍する全役職員を適用範囲とします。

3.組織体制

当社は、ISMSの適切な運営に向けて、情報セキュリティ管理責任者と情報セキュリティ委員会を設置するとともに、
必要な組織体制を整備し、運用します。

4.継続的な管理

当社は、情報セキュリティに対する当社の取り組みに関する経営陣の意思を表明し、それに基づく主な行動指針を
明確にすることにより、ISMSを適切に構築・運用し、重要な情報資産の機密性、完全性、可用性の確保に努め、
その有効性を継続的に確保します。

5.リスクアセスメントの実施

当社は、取り扱うすべての重要な情報資産のリスクを受容可能な水準に保つため、リスクアセスメントに関する
体系的な手順と評価基準を定め、リスクアセスメントに基づく適切なリスク対策を講じます。

6.教育の実施

当社は、ISMSの維持向上のため、全従業員に対して定期的に教育を実施し、効果を測定します。

株式会社ライズウィル
代表取締役社長 高橋 史明

ISMS認証 IS 607581 / ISO 27001

Webシステム開発・システムソリューション・Webサイト制作ならライズウィルにお任せ下さい。東京を中心に全国対応します!

東京:03-4590-3200 受付:9:00~17:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ